カテゴリー: お酒の種類

ビールとはなにか?

ビールは日本でもっともよく飲まれているお酒です。

ビールは日本でもっともよく飲まれているお酒です。ビールの爽快な苦味やのどごしが多くの愛飲家を魅了してやみません。ビールをおいしくするメカニズムはその多くが解明され、今日のビール造りに活かされています。

ビールはいくつかの伝統的なタイプに分類されます。ちなみに日本のビールは、ほとんどがチェコのピルゼン市で生まれた「ピルスナータイプ」のビールです。ビール酵母には「上面発酵酵母」と「下面発酵酵母」とがあり、どちらかを使うかによって「上面発酵ビール」と「下面発酵ビール」に分けられます。また、「淡色ビール」、「中濃色ビール」、「濃色ビール」などの色による分類もあります。日本には熱処理の有無により、「熱処理ビール」と「生ビール」とに区分する独自の分類があります。

最近は大手メーカーのビールに加えて、地ビールや輸入ビールなども見かけるようになりました。ビールの知識を増やして、ビールの楽しみをもっと広げてみてはいかがでしょうか。

zp8497586rq

中国酒の造り方

中国酒には白酒(蒸留酒)、黄酒(醸造酒)、老酒(黄酒の長期甕貯蔵酒)があります。

「紹興酒(しょうこうしゅ、シャオシンチュウ)」を代表とする中国で「黄酒(ホァンチュウ)」と呼ばれている酒類は、日本の酒税法上はその他の蒸留酒(アルコール分20%未満)または雑酒(アルコール分20%以上)に分類されます。


“中国酒の造り方”の詳細は »

蒸留酒(じょうりゅうしゅ)、混成酒(こんせいしゅ)について

蒸留酒は醸造酒を蒸留したものです。混成酒は主にリキュールです。

醸造酒を蒸留器に入れて加熱・蒸留し、揮発成分を捕集し、新しい酒をつくるのが蒸留酒です。蒸留酒は、アルコール分が高くエキス分を含みません。焼酎、ウイスキー、ブランデー、スピリッツ等がこれに該当します。


“蒸留酒(じょうりゅうしゅ)、混成酒(こんせいしゅ)について”の詳細は »

酒の分類

お酒には造り方によって、3タイプに分類されます。

酒類には、日本の伝統酒である清酒・焼酎・味醂(みりん)・梅酒をはじめ、外来酒であるウイスキー・ブランデー・ワイン・ビール・紹興酒・白酒などがあります。酒類は製造方法により醸造酒、蒸留酒、混成酒の3タイプに分類されます。

 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。