カテゴリー: お酒の種類

ウォッカの製造工程(造り方)とは?

とうもろこし、大麦、小麦、ライ麦(北欧やロシアの一部地域ではジャガイモ)などを原料として糖化・発酵させ、連続式蒸留機により蒸留し、留出してきたスピリッツに水を加えてアルコール分40~60%程度に調整し、シラカバの活性炭を用いてろ過したお酒です。

とうもろこし、大麦、小麦、ライ麦(北欧やロシアの一部地域ではジャガイモ)などを原料として糖化・発酵させ、連続式蒸留機により蒸留します。ウォッカは高アルコール濃度で留液を採取するため、原料の違いによる風味の差があまり出ません。

留出してきたスピリッツに水を加えてアルコール分40~60%程度に調整し、シラカバの活性炭を用いてろ過します。この工程がウォッカの味を決めるもっとも重要な工程です。炭との接触時間が長いほうが高品質ですが、ろ過塔に入れる活性炭の性質や層の厚さ、ろ過塔の通過速度などのテクニックが、品質の差として現れてきます。さらに、冷却してろ過を行うと油分(フーゼル油など)が取り除かれ、ウォッカの特徴である無色・無味・無臭となります。

ウォッカは、そのクセのないクリアな酒質が特徴であるため、中長期の熟成の必要はなく、ステンレス・タンクに極短期間貯蔵し、早期に瓶詰するなどして出荷されます。

なお、ここまでウォッカは活性炭で精密にろ過され、無色・無味・無臭な酒になると説明してきましたが、実際はほんのわずかですが原料由来の香りやアルコールの甘さが感じられます。

zp8497586rq

ウォッカとはなにか?

ウォッカとは、おもに穀物を原料として糖化・発酵し、連続式蒸留機で蒸留したあと、白樺(シラカバ)の炭でろ過したスピリッツをいいます。

ウォッカとは、おもに穀物を原料として糖化・発酵し、連続式蒸留機で蒸留したあと、白樺(シラカバ)の炭でろ過したスピリッツをいいます。日本でも缶チューハイの原料として多く使われています。

adobe creative suite 6 master collection

ウォッカの起源は定かではありませんが、12世紀ごろロシア人は、はちみつの酒を飲んでいたといわれています。15世紀に蒸留技術が伝わると、はちみつの酒を蒸留したものが造られ始めました。この蒸留酒はロシア語で生命の水という意味の「ジーズナヤ・ヴァダー」と呼ばれ、このヴァダー(Voda)の部分が愛称形の「ウォッカ(Vodka)」という名称に変わったといわれています。


“ウォッカとはなにか?”の詳細は »

ジンの種類は?

ジンとひと口にいっても、甘味を加えて飲みやすくしたものからフルーツの香りを加えたものまであります。

ジンとひと口にいっても、甘味を加えて飲みやすくしたものからフルーツの香りを加えたものまであります。

%%anc%%

ここまで説明してきたオランダ始まりイギリスで発展したジンをほかのジンと区別するために、「ドライ・ジン」と呼びます。ただし、たんにジンといった場合は、このドライ・ジンのことを指しています。

ドライ・ジンのほかには、ドライ・ジンに糖分を1~2%加えた「オールド・トム・ジン」、イギリス南部のプリマスで造られる「プリマス・ジン」、ドイツのシュタインハーゲンで造られるジュニパー・ベリーを発酵して造る「シュタインヘーガー」、ジュニパー・ベリーの代わりにさまざまなフルーツなどで香りづけした「フレーバード・ジン」などがあります。

zp8497586rq
zp8497586rq

ジンの製造工程(造り方)とは?

ジンの原料は、とうもろこし、大麦麦芽、ライ麦などです。これを糖化・発酵させ、連続式蒸留機でアルコール濃度の高いグレーン・スピリッツを造ります。このスピリッツにジュニパー・ベリーなどの草根木皮を加えて、単式蒸留機で再度蒸留するのです。

ジンの原料は、とうもろこし、大麦麦芽、ライ麦などです。これを糖化・発酵させ、連続式蒸留機でアルコール濃度の高いグレーン・スピリッツを造ります。このスピリッツにジュニパー・ベリーなどの草根木皮を加えて、単式蒸留機で再度蒸留するのです。

ジュニパー・ベリー以外の草根木皮になにをどれくらい使用するのかのレシピは、各メーカーの企業秘密です。ちなみにこの草根木皮には、コリアンダーやキャラウェイなどの種子や、アンゼリカやオリスなどの根、レモンやオレンジの果皮、シナモンの樹皮など、さまざまな香草・薬草が使われています。


“ジンの製造工程(造り方)とは?”の詳細は »

雄町米(SINCE1859)とは?

Omachi is a great sake rice. These are the special products of Okayama. This story will go down in history. SINCE 1859

雄町-あなたはこの名前を聞いたことがありますか?江戸時代末期の安政6年(1859年)にその酒米は生まれました。備前国上道郡雄町村の篤農家(とうくのうか)、岸本甚造翁(きしもとじんぞうおう)が伯耆大山(ほうきだいせん)参拝帰りの道中、偶然にも見つけた2本の穂を持ち帰り選抜を重ねて慶応2年(1866年)に育成したものといわれています。その優秀性から各地で交配種として使用され酒造好適米のルーツとして、現在ある多くの酒造好適米にその血が受け継がれています。

100年以上も前に発見され日本中でただ1種残された混血のない米として、明治41年(1908年)に岡山県の奨励品種となりました。現在も多くの杜氏や日本酒愛好家たちに強く支持され続けています。

zp8497586rq
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。