タグ: 山田錦

酒造好適米とは?(1)

酒造り専用に用いられる品種を総称して「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」といいます。

日本の伝統酒である清酒は、米と水を主原料として造られます。酒造りの原料として適している米は、長い時代を経て先人たちによる品質の選別が行われた結果、食用の品種とは異なるものが選ばれています。

米の種類は大きく分けると「ジャポニカ米」と「インディカ米」があることは、よくご存じのことでしょう。インディカ米は細長くピラフなどに用いられる米で、ジャポニカ米は丸くて私たちがふんだん、ご飯として食べているご飯の種類です。酒造りに適している米もジャポニカ米ですが、食用米にない多くの特徴をもっています。

「山田錦(やまだにしき)」「雄町(おまち)」「五百万石(ごひゃくまんごく)」「美山錦(みやまにしき)」といった品種の名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、この山田錦に代表される酒造り専用に用いられる品種を総称して「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」といいます。

zp8497586rq
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。