タグ: 下面発酵

ピルスナーとは?(2)

ピルスナーとは下面発酵ビールで低温でじっくり発酵、熟成された軟水のきめの細かい泡と香味の調和のとれた淡色ビールです。

これらののビール醸造では、発酵中酵母は泡とともにもろみの表面に浮遊するいわゆる上面発酵でしたが、15世紀南ドイツで、発酵が終了すると酵母が沈降する下面発酵が進み、数か月間低温で貯蔵、熟成させます。温和で香味の調味のとれたビールが得られ、たちまち各地に生産が広まりました。これをラガービールといいますが、低温が必要なため、製造は寒期に限られていました。1842年、チェコのピルゼン市でこの方法を用いてビール醸造が行われまし舌が、当地の水が軟水であったため、誕生したピルゼンビールは黄金色(濃色でなく淡色)で、きめの細かい泡の優れた酒質でした。1873年、リンデがアンモニア冷凍機を発明し、夏でも安定した醸造が可能になり、18世紀後半からの産業革命の進展と相まって、量産化への道が開けたため、ピルスナータイプのビールは世界中に広まり、現在、世界のビールの95%を占めるに至りました。online essay

765qwerty765

ビールとはなにか?

ビールは日本でもっともよく飲まれているお酒です。

ビールは日本でもっともよく飲まれているお酒です。ビールの爽快な苦味やのどごしが多くの愛飲家を魅了してやみません。ビールをおいしくするメカニズムはその多くが解明され、今日のビール造りに活かされています。

ビールはいくつかの伝統的なタイプに分類されます。ちなみに日本のビールは、ほとんどがチェコのピルゼン市で生まれた「ピルスナータイプ」のビールです。ビール酵母には「上面発酵酵母」と「下面発酵酵母」とがあり、どちらかを使うかによって「上面発酵ビール」と「下面発酵ビール」に分けられます。また、「淡色ビール」、「中濃色ビール」、「濃色ビール」などの色による分類もあります。日本には熱処理の有無により、「熱処理ビール」と「生ビール」とに区分する独自の分類があります。

最近は大手メーカーのビールに加えて、地ビールや輸入ビールなども見かけるようになりました。ビールの知識を増やして、ビールの楽しみをもっと広げてみてはいかがでしょうか。

zp8497586rq
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。