ジンの製造工程(造り方)とは?

ジンの原料は、とうもろこし、大麦麦芽、ライ麦などです。これを糖化・発酵させ、連続式蒸留機でアルコール濃度の高いグレーン・スピリッツを造ります。このスピリッツにジュニパー・ベリーなどの草根木皮を加えて、単式蒸留機で再度蒸留するのです。

ジュニパー・ベリー以外の草根木皮になにをどれくらい使用するのかのレシピは、各メーカーの企業秘密です。ちなみにこの草根木皮には、コリアンダーやキャラウェイなどの種子や、アンゼリカやオリスなどの根、レモンやオレンジの果皮、シナモンの樹皮など、さまざまな香草・薬草が使われています。

また、単式蒸留機は首部がいちじるしく長く細い特徴があり、気化したアルコールなどを再度釜へ返す(環流比を調整する)ための冷却器をつけたものもあります。蒸留機の形状は、最終的な製品の品質に微妙な影響を与えるため、メーカーごとの味わいの違いが現れるのです。

なお現在では、ジュニパー・ベリーなどの天然物から抽出した香料をグレンアルコールに混合することによって製造することもできます。

ジンの元祖であるオランダのジン(ジェネバ)には、現在でも単式蒸留機を用いた昔からの製法を守っている製造場があります。原料に大麦麦芽を多く使用しているため、麦芽香が強いのが特徴です。また、単式蒸留機を用いているために、香味が濃厚でコクのある味わいになります。これらの伝統的なジンは、ボトルごと冷やして飲むのが好まれています。

zp8497586rq
«
»
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。