全国新酒鑑評会とは?(3)

出品部門 は通常は酒造好適米の山田錦の使用割合によって以下のように分類されています。

  • 第I部
    山田錦以外の品種を単独使用、または山田錦の使用割合が原料の50%以下で併用して製造した吟醸酒
  • 第II部
    山田錦を単独使用、または山田錦の使用割合が原料の50%を超えて他種と併用して製造した吟醸酒

しかし、山田錦の栽培状況は各地方によって異なり、また戦後に始まる山田錦中心主義ともいうべき業態が変化してきたため、それぞれの地方に適した新しい方法がいろいろ模索されている最中です。
日本酒有識者をはじめとして、古くは国立醸造研究所、2001年以降は独立行政法人酒類総合研究所、国税庁の酒類鑑定官、都道府県醸造試験場の技術関係者などが唎き酒を行ない、香味の調和など品質内容について、規定項目を人間の五感をもって審査するほか、酸度や香気成分についての科学分析も行われます。
%%anc%%

結果は各部門において、まず予審(2009年の場合は4月22日~24日)で優秀と認められた出品酒を入賞とし、さらにその中から決審(2009年の場合は5月12日~13日)において特に優秀と認められたものを金賞とします。実際には出品酒の4分の1ほどが金賞となります。

一般に「銀賞」といわれるものがありますが、正式には予審を通過した「入賞酒」のことであって銀賞は存在しません。金賞受賞酒には金の短冊が、入賞酒には銀の短冊がかけられていた時代があり、それが銀賞という俗称の起源です。

zp8497586rq
«
»
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。