全国新酒鑑評会とは?(1)

全国新酒鑑評会とは、明治44年(1911年)に始まり現在も続いている日本酒の新酒の全国規模の品評会です。

明治政府の殖産興業の旗印のもと、明治20年代から日本酒の品評会が各地で開かれるようになりましたが、地方によって基準がまちまちであり、やがて全国を同じ基準で統一した品評会が求められるようになりました。また、当時は醸造技術が未熟で、酒が製成される前に腐る(腐敗する)こともあったため、技術の向上のためにも系統的な品評会の開催が必要となってきていました。

いっぽう明治政府にとっては、酒税は重要な国庫の財源であったため、これを確保するためにも国立醸造試験所の設立をはじめとして醸造業を後押ししました。やがて明治40年(1907年)に日本醸造協会が主催する全国清酒品評会が開かれ、さらに明治44年(1911年)に第1回全国新酒鑑評会が開かれるにいたりました。

zp8497586rq
«
»
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。