発泡酒の歴史(1)

日本における発泡酒の歴史は、第二次世界大戦まで遡ります。昭和9~11年、当時余剰米対策として、大蔵省醸造試験場で「ライスビール」の研究がなされましたが、市販されるには至りませんでした。戦時中には、食糧難から麦芽の量を減らしたビールの開発が行われましたが、商品化はされませんでした。また、戦後にはサツマイモを原料としたビールが研究され、昭和25年に「太陽ビール」として市販されました。これが市販発泡酒の第1号です。ただし、1年ほどで発売中止になっています。
do homework online

best free casino slots online
その後、平成の時代に入ると、バブルの崩壊とともに輸入低価格ビールが販売量を伸ばしました。それに対抗する形で、平成5年に麦芽比率65%の発泡酒が発売。さらに翌年には、麦芽比率を25%に減らした発泡酒が発売されました。その後もビールを製造する各社が種々の発泡酒を発売してきたことから、平成14年には販売数量は247万キロリットル余りまで増えました。現在は、いわゆる新ジャンルに押される形でやや減少しています。

765qwerty765
765qwerty765
«
»
 

日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を製造販売する総合酒類メーカー 宮下酒造

宮下酒造は1915年(大正4年)創業の老舗酒蔵。

代表銘柄である清酒「極聖(きわみひじり)」は、平成以降の金賞受賞回数が岡山県下最多となっております。

1995年より、全国で9番目、中国地方では初となる地ビール「独歩(どっぽ)」を製造開始。伝統的なビールに加え、季節性や地域性をもたせた様々なビールの研究開発を進めています。

楽天市場の日本酒 地ビール 焼酎 梅酒など様々な酒類を取り扱う宮下酒造もぜひご利用ください。